FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
原発事故のその後
2011/04/20(Wed)
おぞましい東日本大震災から、もう40日もたってしまいました。
その後も、大きな余震があったりして、
無防備に出歩く気にはなれない日々を過ごしています。

まだ、耕されていない田畑

我が家の窓から見た景色、すっかり春なのに、畑にも田んぼにも、人がいません。
今年は、「農作業は、まだやらないように」というおふれが出ているのです。

毎年、春のお彼岸には、種籾を水につけて芽出し作業が始まるのですが、
今年のお彼岸には、集落や農業団体で真剣な話し合いが持たれていました。
果たして、米を作ってもいいのか、畑作物を出荷できるのか。

その後、加工用トマトを出荷していた農家に対し、
デルモ○テやカゴ○さんでは、今年はトマトを買い上げないと通告してきたといいますし。
(ただ、希望者には何かの経費の三分の一ほど補助するらしい)

米を作っても、ちゃんと売れるのか。
何せ、去年の秋にとれた米でさえ、会津産のは売れないという噂です。
これから作った米が売れなかったら、経費はすべて損失になってしまいます。
でも、ほかに収入の道はないし、結局作るしかないということになったようでした。

先頃、国から正式に、会津地方では農作物を作ってもよいと許可が出ました。
今、各農家では、ほぼ20日~30日遅れで、春の作業に着手し始めたようです。

これは、すべて、原発事故のためです!!
原発さえなければ、大津波は大変だったけど、
今ごろは、ひたすら復興に向けて一直線に歩むことができていたのです。




……私の正直な気持ち……

ただただ、東京電力の間抜け加減がうらめしい。
自前のバッテリーしか用意してなかったって何!?
自分で自分の癌の手術ができる外科医なんていないでしょうよ?

東京電力では、自前の事故対応策が全部破壊されることを想定して、
東北電力からの電源も用意しておくべきだった。
素人の私だって、自前のバッテリーが切れそうだと思ったら、
たとえ不要になるかもしれなくても、
念のため、別のバッテリーを入れる方法を必死で考えたと思う。
だって、原発周辺の地域や大事な海が汚染されたら大変だもの。

放射能の怖さは、東京電力さんが一番よく知っているはず。
だから、東京電力の後手後手の対応は、絶対ゆるせない。
どうしてくれるの、あのいわきの海と数十万の人たちの人生を!!
そして、世界から、失ってしまっただろう日本への信頼とか信用も!!



     ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 



地震のことは今は覚えていないミミとトーです。

のびのびミミ②


のびのびミミ①


相変わらずのトー①


相変わらずのトー②.

もちろん人間のほうが絶対的に大事だけど、
テレビで見た、被災地の牛や犬や猫たち、可哀相でなりません。
被災地に放り出された無力な動物たちが、これ以上、出ませんように……。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日常 | CM(10) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。