FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Chopin Concert
2010/07/23(Fri)
「Chopin」って、チョピンではありません。ショパンです。(^0^*

ショパンピアノコンサートに行ってきました。
きょうではなく、20日、喜多方市で行われたんですけどね。

福島「いのちの電話」チャリティコンサート
http://iwaki-alios.jp/cd/app/index.cgi?CID=event&TID=PAGE&dataID=00557

なんでも、今年はショパン生誕200年だそうで、
ピアニストは、フィリップ・コバチェフスキという弱冠20歳の青年です。
 (数々の世界的なコンクールで優勝してるけど、長いので省略。)

クラシックとは縁のない育ちの私は、
どんな曲があるのかぐらいは知っておかないと、
ちんぷんかんぷんでも困ると思って予習していきましたよ。(笑)
http://classic-midi.com/classictop.htm (←このサイドのメニューから「ショパン」を選ぶ)

ショパンって、テレビ・ラジオ・CM等々で、ものすごく使われていたんですねぇ。

演奏のフィリップ青年は、スラリとした、鼻の高いイケメンふう。
おじきして、2~3曲弾くと舞台袖に引っ込んでしまう。
指づかいがものすごく早くて、軽やかで、音がぶわーんと大きく広がりる感じ。
合間に古藤田京子さんの解説があって、
それが終わると、また青年が登場し、おじぎして演奏する、
これが何度か繰り返されました。

私の位置からは、遠くて本人の顔が見えないし、チラシの写真も小さい。
古藤田さんが、「コンサート後、フィリップさんのサイン会があります」と言うので、
今回ばかりは私も、青年の顔を見たさに、
1,500円の案内本(CD入り)を買って並びましたよ。(笑)

フィリップ君、顔、ちっちゃーい。
サインしてもらって、「ありがとうございますっ」と言ったら、
青年、ちょっと微笑んでくれました。感じは悪くなかった。o(^^o)♪

そして、これがそのサイン入りCDです。↓
      
Chopin.jpg
       
  サイン、私には全然読めない……。(◎-◎)(^^;)


 (写真は携帯で撮ったもの。これでも一番良く撮れたやつです。(^_^X))
 
この記事のURL | 日常 | CM(6) | ▲ top
デジカメが壊れた
2010/07/17(Sat)
2003年から使ってきたデジカメ、Fine PixA310が壊れました。
シャッターが切れません。電池を換えても全然だめ。
デジカメほしいなあ。

それから、もう一つほしい物があります。
それは印刷機。

昨年暮れに、私は愕然とさせられました。
最近のパソコンには、背面に印刷機用のコネクター(?)がないんですね!!(▼▼メ)
今は印刷機はUSBでつなぐんでしょうか。
それを理解するまで、ちょっと時間がかかった。(;^_^A


たしかジャパネットで、デジカメと印刷機で3万ぐらいで買えるようだったので、
計画中です。
でも、買うのは年末かな。
今買っちゃうと、暮れまでにインクが乾いちゃうから。

というわけで、しばらく写真付きの記事は書けないので、皆さんよろしくです。<(_ _)>





◆◆◆・・◆◆◆・・我が家の猫たちの近況報告・・◆◆◆・・◆◆◆

小鉄は、ワガママぶり健在。
大きなサイズの缶詰は食べたくないそうです。

ミミは、小鉄が来るとビクビク、遠巻きにして唸っています。
小鉄は動ぜず、食べ終わると、こんな所に用はないと、さっさと行っちゃいますけどね。



それから、ミミはふだん、家の中を油断して歩いています。
自分だけの家だと思っているので、トーに出くわすと、ものすごくたまげます。
トーは、平然としているんですが。

例えば、ミミが部屋の戸を開けるとき、
中にいたトーが、何事か?と戸に近づいてくるんですね。
ミミが苦労して1センチぐらい戸を開けると、なんと!!
向こう側からトーがこちらを見ています。
アホづらのミミは、驚き返って、ビックリクリクリ、クリックリッ。


戸を一枚隔てて、トーとミミのにらみ合い。
ミミだけが動揺して、シャーッ、だのウーだの騒いでいるんですが、
私たち人間は、こういう場面が楽しくてしようがない。
猫って、ほんと面白い動物ですよねー。(笑)
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。